酒場街飲み路地裏探索

お店紹介ファイル
TOPお店紹介ファイルNo.009 東京サブカルチャーの殿堂「中野ブロードウェイ」でハシゴ酒!
東京都中野区、JR中野駅の北口から伸びるアーケード商店街「サンモール」を抜けたところに、巨大な商業ビル「中野ブロードウェイ」はあります。

地下1階〜地上4階に多様な専門店が密集し、特にアニメや漫画、おもちゃなど、様々なジャンルのディープなグッズを扱うお店が多数。
好きな人にはたまらない、まさにサブカルチャーの殿堂とでもいうべき場所で、もちろんご存知の方も多いと思います。
東京サブカルチャーの殿堂「中野ブロードウェイ」でハシゴ酒!
中野ブロードウェイ
ここがその入り口
中野ブロードウェイ
こんな景色が延々と続く
じっくりと見て回ったらとても1日ではめぐりきれないこのブロードウェイの3階に、1軒の変わった本屋さんがあります。
中野ブロードウェイ
タコシェ
「タコシェ」さんといって、一般の本屋さんでは流通していないようなミニコミ、特殊本、さらには関連グッズなどを大量に扱う、とっても楽しいお店。

私事になってしまい大変恐縮ですが、自分も酒好きが高じすぎてしまい「大衆酒場ベスト1000」という居酒屋に関する自費出版本を作っていたりしまして、こちらでも取り扱って頂いています。

そんなつながりもあり、先日タコシェ店内で、僕が描いた飲み歩き漫画の原稿や、酒、つまみの絵などを展示する、ちょっとした個展を開いて頂きました。
中野ブロードウェイ 中野ブロードウェイ
中野ブロードウェイ
個展の様子
おかげ様でたくさんの方々に見て頂けたようで、この場を借りて御礼申し上げます。
さて、ここから本題。
そうして頻繁に中野ブロードウェイに通っているうち、とあることに気付きました。
中野ブロードウェイ
ブロードウェイの中
中野ブロードウェイ 中野ブロードウェイ
意外と渋い飲食店がけっこうある
たくさんのマニアックなショップが並ぶ建物の中に、ちらほらとこういった歴史のありそうな飲食店が点在しています。 しかも飲めそうなお店率も高い。

「あれ? 中野ブロードウェイの中だけでハシゴ酒、意外と楽しそうじゃね?」

って思い付いちゃったんですよね。

思い付いたら善は急げ! というわけで、先日実際にその計画を実行に移してきましたので、今回はそのレポートをお届けしたいと思います。

とはいえ特に下調べはせず、行き当たりばったりなハシゴツアーですので、まずはあらためて館内の探索からスタート!
中野ブロードウェイ
1階のメイドカフェ
こちらのメイドカフェが30分1,000円でビール飲み放題という意外と酒寄りのシステムだったんですが、とりあえず今回の渋いお店探索の趣旨とはずれるので、涙を飲んで素通り。

なんとな~く1軒目にと想定していたのが、館内に2軒ある大衆中華店のどちらかだったんですが、地下の「大門」さんは休業。 2階の「東北(とんぺい)」さんも、ちょっと時間が遅かったのか店じまいの最中でした。
中野ブロードウェイ
良い佇まい
まずは餃子とビールからスタートなんて、いいと思ったんだけどなぁ。
というわけでさらに探索を続けていると、こんなお店が目に付きました。
よし、まずは軽めに、ここでビールと何か軽いおつまみでも取って景気付けにしましょうか。
おじゃましま~す!
中野ブロードウェイ
店内
座席にびっしり敷きつめられた座布団がフカフカで居心地が良いです。

壁には所狭しと絵本作家"いわさきちひろ"さんの絵が貼られており、マスターに「お好きなんですか?」と聞いたところ、
とのことでした。
なんかいいですよね。

さぁ、まずは何はともあれ、柿ピー付きのサービスが嬉しい瓶ビール(480円)を注文!
ゴクゴクゴクと、記念すべき1杯目のビールで乾いた喉を潤したら、続いて何か軽いおつまみも欲しいところ。
見回すとスパゲティやピラフ、焼きそば、焼うどん、さらには焼き魚や納豆の定食など、異常にご飯系が充実しており、喫茶店、兼定食屋とった感じで、けっこうがっつりしたメニューが多いですね。
どうしようかと迷っていると、ふと1枚のメニュー表が目に止まりました。
わ! これ、もしも単体で頼めちゃったら完全なるおつまみメニューじゃないっすか!
そんな注文が可能なのかどうか、おそるおそるマスターに聞いてみたところ「全然大丈夫ですよ!」とのことで、
うお〜豪華! 円形を半分に切ったハムをうまいこと敷きつめ、1枚の巨大な円にした上に、半熟の目玉焼きが2つも乗っています!
パラパラッとふられた白コショーがまた泣ける。
古き良き喫茶店ならではのいぶし銀の技が光る、想像以上に素敵な一品ですね、これは。
香ばしく焦げ目の付いたハムの塩っ気と、このまろやかな黄身のハーモニーといったら!
……ふぅ、あっという間にこれらをたいらげ、まだ1軒目ですのでここはお会計にしましょう。

聞けばこちら、営業はもう40年にもなるそうで、歴史を重ねた渋い店内でゆっくりと傾けるビールとハムエッグの味は格別でした。 今後もコーヒーを飲みに行ったり、お昼を食べに行ったりと、色々なシーンでおじゃましたいお店に出会えて大満足。
さて次を探しましょう。
肉や魚を一切使わない台湾精進料理の「香林坊」さんというお店に興味を持ち、単品とお酒だけの注文でも大丈夫か伺ってみると、
とのことで、残念ながら今回は見送り。
よく考えたら、精進料理のお店だったらお酒置いてないのも当然ですよね…。

「じゃあもうあそこに行ってみるか!」と次に選んだのは、
篝(かがり)
お米を具材を蒸篭に乗せて蒸す「せいろめし」ときりたんぽ鍋が名物の「篝」さん。
先ほど外からチラリと中を覗いてみたところ、それら名物料理だけでなく、一品料理もたくさんあって、最も居酒屋に近いお店なんじゃないかな? と当りを付けていたのです。
ではいざ入店。
先客はおらず、静かな店内のカウンターに通して頂きます。

見上げると、
といった短冊メニュー。
落ち着きますねぇ…。

一瞬ここが中野ブロードウェイの中だと忘れてしまいそうですが、
中野ブロードウェイ
入り口から外を見ると、確かにここはブロードウェイ
合成写真みたいで笑える風景です。

まずは生ビールを一杯。
それからおつまみは何を頼もう?
振り返って壁にも目をやると、
中野ブロードウェイ
充実のメニュー
迷っちゃって選びきれないくらいの品数ですね。
優柔不断に相当な時間をかけ、やっと一品決めることができました。
中野ブロードウェイ
うどまぐろ酢みそあえ(580円)
この時期、山菜系はどうしても味わいたいと思ってしまうんですよね。
大ぶりに切られたうどはシャクシャクと小気味良い歯応えで、フルーツのようにみずみずしい香り。
マグロも新鮮で旨味濃厚。
口の中でトロリと溶けながら酢味噌と混ざり合い、幸せこの上ない味です。

こりゃ~たまらんと、
中野ブロードウェイ
高清水 二合(770円)
お酒に切り替えます。

しばらくすると、せっかくの名物なので食べておかなきゃと注文しておいた「篝せいろめし」の付け合わせがやってきました。
中野ブロードウェイ
冷奴に煮物に漬物
ものすごいボリュームですよこれ!
ちょっと飲みたいだけなら、おつまみ頼まなくてもこれで十分じゃないでしょうか。
どれも丁寧に作ってあってとても美味しいです。

さらに少し置いて、
中野ブロードウェイ
中野ブロードウェイ
せいろめしも到着!
具沢山の味噌汁も付き、全部セットで900円。 かなりお得ですね、これは。
中野ブロードウェイ
具はエビ、ほぐしたタラコ、シイタケ、玉子焼き
彩りの良さが食欲をそそります。
中野ブロードウェイ
ご飯は二段になっており、間に甘辛い肉味噌がたっぷりと
間の肉味噌のおかげで、味付けはしなくても大丈夫。
器に移して口へと運ぶと、ふわっと蒸篭の木の香りが鼻へと抜けていきます。
これが非常に爽やかで、はっきり言って、めちゃくちゃうまい!
中野ブロードウェイ
こんなお上品な料理、前にいつ食べたっけ?
ふぅ~、静かな時間と絶品料理、これまた大満足のお店でした。
こちらも先ほどの「絵夢」と同様、営業は40年になるそうで、またしてもブロードウェイの歴史の深さを実感させられましたね~。

さて、今日は最低でも3軒くらいは回りたいと思っていたんですが、せいろめしセットのボリュームがすごくてもうお腹はパンパン、これ以上は何も入らない状態です。 だけどやっぱりもう一杯くらいは飲んで帰りたい。

ふと、そういえば以前、地下にある「明洞屋台」という韓国系の軽食スタンドのようなお店でマッコリを頂いたことを思い出しました。 よしあそこへ行ってみよう~! と、意気揚々と地下へ向かいます。
目的を失いフラフラと地下を徘徊していると、とあるお店の前に辿り着きました。
中野ブロードウェイ
中野ロープウェイ
写真は店長のイトウさん。

「中野ロープウェイ」は、どこから仕入れてくるのかわからない、他のどこにも置いてないような怪しくキュートな雑貨の数々と、ぶっとんだデザインの衣類が店内に所狭しと並ぶ、これまたとっても楽しいお店。
中野ブロードウェイ
値段もお手頃でつい色々買いたくなってしまいます
じつは僕、以前からイトウさんとは少し知り合いで、「今日はこんな企画やってるんですよ。けど最後に路頭に迷っちゃって…」とご説明したところ、「じゃあそこの西友でお酒買ってきて、うちで飲んだらどうですか? 全然いいっすよ!」と神様のような優しいお言葉を頂いてしまいました! 「まじっすか!」と真に受け、
中野ブロードウェイ
地下でつながる西友で缶チューハイをゲットし、
イスとテーブルまで用意して頂き、ロープウェイの店内でイトウさんと楽しいお話をしながら、
中野ブロードウェイ
締めの一杯

に無事ありつけましたとさ。

というわけで本日のハシゴ酒は終了。
中野ブロードウェイの懐の深さを存分に味わったと同時に、まだまだ気になるお店がたっぷりと残っており、是非またここでハシゴ酒したいな〜と思わされた次第でした!
皆様も、たまには趣向を変え、ブロードウェイの中の飲食店に寄られてみては?

あ、最後に、中野ロープウェイは飲み屋さんではないので、そこだけはご注意下さい!

今回は偶然こういう流れでお言葉に甘えてしまいましたが、普段からそういうスペースがあるわけではありませんので。

でもとっても楽しいお店なので、是非遊びに行ってみて下さいね。
  • パリッコ

    paricco
  • DJ/トラックメイカー/漫画家/居酒屋ライター/他
    FUNKY DANCE MUSIC LABEL「LBT」代表。
    酒好きが高じ、ポータルサイト「ピコピコカルチャージャパン」で連載中のコラム「大衆酒場ベスト1000」をはじめ、居酒屋に関する記事を多数執筆中。

    http://www.lbt-web.com/paricco/