酒場街飲み路地裏探索

MUSEUM ブランデー(Brandy)編
TOPMUSEUM お酒のミュージアム展ブランデー(Brandy)編
“ブランデー(Brandy)編”

果実酒からつくった蒸留酒の総称。
主に白ブドウのワインを蒸留して樽に入れ、熟成して製造する。単にブランデーと言った場合は通常ブドウが原料のワインを蒸留して作られたものを指すが、リンゴから作ったアップル・ブランデーやサクランボから作ったチェリー・ブランデーも存在する。アルコール度数は40度弱から50度程度である。
ブランデーでは、ブレンドした原酒中で最も古いものの熟成年数を表す符号が一般に用いられている。ただし、これは製造国や製造元、コニャック・アルマニャック等の特定名称によって異なる。

■VO very old(とても古いブランデー)
低温(15度C以下)で発酵するため、エステルという果物に似た香りの物質が少なく、一般的にすっきりとした味わいが特徴。
ラガー酵母は発酵が終わると下に沈む性質があり、このことから「下面発酵ビール」とも言う。 日本の大手メーカーのほとんどがラガーである。
■VSO very superior old(とても優れた古いブランデー)
高温(18~24度C)で発酵するためエステルが多く含まれ、香りが強く、一般的にフルーティーな香りが特徴。エール酵母は発酵が終わると上に浮く性質があり、このことから「上面発酵ビール」とも言う。
イギリスやベルギーで主流とされており、特にイギリスでは香りを楽しむためにあまり冷やさないで飲むことが多い。
■VSOP very superior old pale(とても優れた古い澄んだブランデー)
VSOP very superior old pale(とても優れた古い澄んだブランデー)
コニャック・アルマニャックの場合は、蒸留後最低でも5年を経た原酒を使用したものだけが表示可能。
それ以上のグレードになると、通常は下記の称号が与えられており、等級別に価格がさらに上がっていく。
■XO extra class(最上級ブランデー)
XO extra class(最上級ブランデー)
コニャック・アルマニャックの場合、蒸留後最低でも7年を経た原酒を使用したもののみ表示可能。